出・・・出たあ!

0

    出ました・・・これがケヅメのオチンチンです。
    ケヅメの場合、30センチ前後の大きさになって初めて出す個体が多いようです。
    リクガメの、オス、メスはなかなか分からないのですが、これが出ればオスである事がハッキリします。
    ・・・でも、ホルスフィールド等では、オチンチンを出しているのに卵を産んだ個体もいると聞いた事あるし・・・やっぱりリクがメは分からん・・・


    腹は出てません!

    0

      オスの腹甲の、全体の写真です。
      お腹?の部分が、へこんでいるのが分かるでしょうか?
      このオスは、かなり交尾体験が豊富なので、わりとハッキリと分かると思います。
      これもオス、メスの見分けるポイントの一つですが、やっぱり個体差があるんですよねええ!
      それから、交尾体験の数や、マウントの数なんかによっても、へこみ具合に差が出るようです。
      これも、男の勲章の一つかもしれませんね!


      女の勲章?

      0

        メスの肛甲板と尻尾です。
        尻尾は、やはりオスより短いようです。
        肛甲板の開き方も、違うように見えます。
        この辺の違いが、オスメスの見分け方のポイントになっている事が、多いようです・・・が・・・これもかなり個体差があるようなので、絶対!とは言えないようです。
        卵を産むまで、ハッキリとは分からないと言う事でしょうか?
        イヤ!!!卵を産んだのに、おちんちんを出していた・・・と言う、ホルスフィールドの話も、聞いた事があります・・・ホントに、分からない生き物ですねええ。


        男の勲章その2

        0

          オスの肛甲板と尻尾です。
          なかなか立派な尻尾をしています。
          一般的に、オスの方が太く長い尻尾をしていると言われています。
          尻尾の中に、おちんちんが入っているからなのですが、当然個体差がありますので、絶対とは言えません。
          これも喉甲板同様に、大きければケンカに強いと言うわけでは無い・・・と思います・・・
          肛甲板の開き方も、オスメスで違いがあるようですが、これも個体差が結構あるようです。


          男の勲章

          0

            牧場のケヅメの中で一番喧嘩っ早く、おそらく一番強いオスの喉甲板です。
            ここをぶつけ合って、ケンカをします。
            もっと前に伸びた個体も見た事ありますが、それがケンカの強さとどれくらい関係があるのか分かりません。ただ喉甲板がしっかり伸びた個体の方が、よりオスらしい性格のような気もしますが・・・どうでしょうか・・・?


            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座